忍者ブログ

おもいつき


最近、ジブリの鈴木敏夫プロデューサのポッドキャストを聞いている。
50代、60代のおじさん連中がまじめに日本を憂いているはなしを聞くのは
どこか意外で、新鮮で、おもしろい。
僕にとって、5、60代ってちょっと遠い存在だ。
どんな人がいて何を考えているか正直よくわからない。

彼らからすると、僕ら30代というのは、不思議な世代に映るようだ。

なんだか、彼らのはなしを聞いていてふっと小さいころのことを思い出した。
僕の世代って、なんだか小さい頃から全てに答えを与えられた世代な気がした。

小さい頃、本嫌いな僕が珍しくノーベルの自伝を読んだんだ。
サッカー選手や、野球選手に憧れている友達が多かった中
なんだか、僕はノーベル賞やら学者に羨望の眼差しを密かに向けてた。
でも、今更何を研究することがあるんだろう。。。
教科書には全ての答えが書いてある。
僕らの人生にすらすでにレールが敷かれていて、正しい道が示されてた。
世の中の科学に今更謎などあるんだろうか・・・って、思ったのを覚えている。

ところが、時代はあっという間に変わって。。。
社会人になるころには、小さな頃に正しいと言われてきたことはおよそ全てが否定された。
僕ら30代が、5、60代と違うのは、その人生の大半を使って
決まったものなんて世の中に無いんだってことを体験してきたことかもしれない。

だからさ、「これ!」っていう軸がないし、何に対しても自信がないんだ。
年配の経験によって、ほにゃらら論をもってこられると
それに反論するだけの確証がさ僕にはもてないんだよね。
僕の言ってることは正しい!でも、それが5年後に変わらず正しいと言える
確証がどこにあるだろ。。。
だから、きっと僕らは芯がなく何を考えてるかわからず謎に映るのかもしれない。

社会人になって、僕らのほとんどが、与えられない答えを探して
その答えをどこか、利益に求めるようになったのかな?
お金で解決できないこともある!って、どっかでわかってながら
やっぱりさ、今のビジネスの社会のどこをみても、利益が上がることが正しいんだよ。

そういう世界しかしらない、僕ら30代ってのはやっぱりどこか寂しい世代かも?
自分の道徳や正義感を脇において、利益こそが善だと主張するのは
すごくエネルギーの要ることなんだ。
誰しも自己の善意を否定するのは簡単なことじゃない。

なんだか、5、60代の人たちのはなしを聞いていて、
すごく生身の人間のはなしが聞けたような気がしたんだよ。

鈴木さんが30代の社員に話しかける。
「結婚願望がないの?」、「自分の分身が欲しくないの?」
30代の男性が答える、「う~~~ん。特に。。。」
それに対する、鈴木さんの反応は純粋に
「なんで?」だった。これが、僕にはちょっぴり衝撃だった。

よくわかんないけど、自分の分身を欲しがる感覚って
たぶん生物として当たり前の感覚なのかもしれない。
だから、1っ発で「なんで?」っていう疑問が浮かぶんだろうね。
僕は、鈴木さんの感覚もわかるけど、30代男性の感覚にも共感してしまうから
なんで?っていう疑問がとっさには浮かばない。

それって、僕自身どこか生物として、決定的に欠けているものがあるんだって
ちょっと、垣間見た気がしたんだよね。


なんか、僕らの世代って、心のどこかにスイッチをもっているのかな?
自分の生理的な欲求とか、人間としての尊厳やら
自分自身の信念をさ、ビジネスやら拝金に明け渡すことは
やっぱり、エネルギーの要ることだと思う。

だから、どこか自分自身を切り離すスイッチを持ってるような
30代の男性の回答を聞いててそんな印象をもった。

僕にもスイッチがあるのかしら。。。?

今の社会って、正しいとか間違いとかでなく混沌としてる
そこに、まともな精神でたつには、やっぱりスイッチをいっぱいもってないと
いけないのかもしれない。

20代なんて、きっともっと大変だよね。

スイッチをもてない、どこか泥臭い子はきっと今の世の中生き難い。
自分のこころを切り離せないから、物理的に引きこもるのかな???
人との関わりを断つのかな???・・・


でも、鈴木さんは、
そんな30代になんだか不思議な魅力を感じるんだそうだ。
とてつもない才能を感じるんだそうだ。


たぶんね、どの世代にも天才って同じくらいいて
人間の能力なんてそうそう変わるもんじゃないものね。

ただ、その能力が環境によって抑えられたり
引き出されたり、するんじゃないかな?

僕らの場合は、そのスイッチがどっかでONになる瞬間。。。。
それが、きっと僕らのスペックを引き出す鍵かもしれない。

スイッチはやっぱりあるとおもう。
いつONになるのかわからないけど。。。

昔みたいに、忍耐や集中力によって、引き出す能力とは違う種類な気もしてる。

なんだか、楽しいことをただひたすらやり続けている人には、
どうやってもかなわないって、最近よく思うんだ。能力の差以前にね。

給料のために働くのか、興味に動かされて作業するのか
どちらがプロフェッショナルなのか。。。
きっと10年前と今では答えが違ってるんじゃないか。

一度みんなで、やりたいことだけをやってみたらどうだろ^^
それで今より状況が悪くなるとは僕には思えないんだ。
PR

コメント(4) Category:一般/日記 | Date:2010/10/23 02:30


コメント

1. A隊長 [ラジオ]
庵野監督の回を聞きました!面白かった。ナウシカのラストの話とか原作の7巻の話になるほどと思った。自分が違和感を感じた部分は宮崎監督の生の部分だったんですなぁ。
posted by A隊長 at 2010/11/03 22:09 [ コメントを修正する ]
2. D15 [汗まみれ]
おぉー鈴木プロデューサのポッドキャストきいた?
あれ、意外と面白いよねー。
僕も、電車で寝るためにポッドキャスト聞いているんだけど
ついつい、聞き入っちゃうんだよね。
(だから、最近は聞いてません。。。www)

ナウシカのラストの話の会は、聞いてないかもー。
おもしろそーな会をだけをつまみ食いしているので、
飛ばしちゃったかな。。。第何話か覚えてる?
posted by D15 at 2010/11/04 20:42 [ コメントを修正する ]
3. A隊長 [えーと]
何回か分からないけど1月の初めです。PSPのRSS登録してたら汗まみれのアイコンを指定して右ボタンでずらずら出てきます。  
posted by A隊長 at 2010/11/06 12:10 [ コメントを修正する ]
4. D15 [そうか]
じゃ、一月ごろのやつをひっぱりだして見ます^^
posted by D15 at 2010/11/07 11:32 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<冬到来 | HOME | 芋ほり>>
忍者ブログ[PR]