忍者ブログ

今、思うこと


なんだか、書きたいことはたくさんあるのだけどもなんだかすごく書きにくい。。。筆が重いね。震災のことを書いたブログもたくさんあって、いろんなニュースもたくさんあって、それを批判的に見ている人もいて、応援している人もいて、不安な人もいて、受け取り方は様々だ。

地震が発生した翌日、仕事場で聞こえてきたのは「この状況だと何を売り出したらいいのかな?」という真剣な議論だった。この後に及んでも、金儲けの話で世の中が成り立ってるのかって!?でも、それが良いとか悪いとか不謹慎だとは思わない。商売ってそういうものだから。売れるものを売るとういことが震災後に最も必要とされているものを消費者に届けるという強い動機付けになっているのも事実だ。また、ニュースを見てると、ガソリンがなくなるとか、紙がなくなるとか、非常事態に備えるだとか色々な不安を煽って、おかげで店からは燃料と、ティッシュとガスボンベが消えた。そして今度は、買い占めは辞めましょう!といって必死な呼びかけが始まる。僕らの生活というのは、よくも悪くも消費活動の上に成り立っていて、それを支えるための煽りをうけやすいように色々なものが構成されている。良いか悪いかではなく、それが社会を支え、都市化を勧め、「便利な生活環境」が生まれたんだと思う。

震災を経験した。。。というと、被災地の方々に負い目を感じるけれど、僕ら関東に住んでいる人間にとって今回の地震はちょっぴり被害を被った分だけとても身近に感じた災害だった。帰宅難民を経験したり、計画停電という異常事態に日々の業務が追われてみたり。。。こういう異常事態になると僕ら自身の本性が滲み出てくるように感じた。消費社会も、金儲けも、ニュースの扇動もなーんも悪いことじゃない。でも、自分の中で何か太いものが優先順位づけされた、気がする。金儲けか、人助けか?人助けもお金が絡むならやる・やらない。仕事か、家族か。業務命令か、自身の道徳を優先するのか?思うことよりも、行動することか?ニュースをみて不安になるのか、奮い立つのか?あなたはそして僕は何者なんだろう??

自分の中で見えた好きな面もある

少なくとも、僕自身は何が売れるかよりも、どうしたら被災地の方を救えるかの議論をするほうが心がワクワクした。それは僕がそういう方向に傾いた性根を持っているということだ。一万人もの人が無くなっているのに、消費活動がなくなるとGDPが下がるだとか、株価が下がった、円高が続いてる。。。少なくとも僕は今更そのようなことに興味がない。誤解のないように、そういうものが悪いって思ってるわけではないよ?そういう人も、社会を動かしていく上では絶対必要だと思う。でも、自分はそこに注力するほどのなにものも持たざる人間だってことだと思う。

自分の中で見えた嫌な面もある

災害が起こってすぐに行動を起こせる人がいる。必死で愛を叫ぶ人もいる。行動をしないにしても、声を上げる人もいる。それに比べると自分っていうのはただ静観するだけの人間だ。きっと目の前で仮に人が死んでいても僕は静観するのだろう。。。でも、行動することが全てじゃない。世の中には色んな多様性が必要なんだ。行動することがいいことだ!行動しなければ意味が無い!!ってのは最近よく言われている道理だけども。行動をしない、何も起こさない、静観する美がきっとあるはずだと、僕は感じた。自分自身になにができるのか、それは僕自身の中にしか答えがない。行動派を羨む必要も、静観派を卑下する必要はどこにもない。僕らは自分自身が何者かをその行動・非行動のアクションのなかで決めている。今回の被災で自分は非力だと感じている多くの人にも、自身の選択の美しさを感じてほしい。何もできずにいる不甲斐ない自分を責めるより、他人を思いやり非力な自分を悲しむ心の美しさを謳おう。世界は僕らの心が映しだす鏡なんだ。

僕らがどう感じて、何を行動しようとも。。。世の中は僕らの意志の外側で次々に流れていく。災害ムードの中、助け合うことの大切さを学びつつあるさ中でも、リビアの戦争は起こるんだ。原発の事故も起こる。そのなかで問い続けている。。。僕は何者なんだろう。
PR

コメント(0) Category:一般/日記 | Date:2011/03/20 18:55


コメント

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[DVD] キャピタリズム | HOME | ファンページプラグイン>>
忍者ブログ[PR]