忍者ブログ

未確認飛行物体!


久しぶりに矢追純一がTVにでてましたよー!!もちろんUFO話題で。最近は、家庭用ビデオも進化しているから昔よりも鮮明な映像が増えてるのねぇ。特にメキシコからの衝撃映像がっ!!数年前の皆既日食の時に一気に家庭用ビデオが普及したんだそうだ

前から思ってたんですが、宇宙人って言うと「地球侵略」って発想が先立つ。でも、僕は宇宙人ってもっと友好的な人種なんじゃないかと勝手に思っている だって知性が発達すれば人間性はより合理的で友好的になるんじゃないかと。それに科学や経済や社会の発展は「排他的で好戦的」なままではダメなんじゃないかって。僕らの地球上には全人類を70回絶滅できるだけの核兵器と、5,000回殺せるだけの生物兵器がある。地球文明はまだ野蛮の域を出ていない。もうちょい知性があれば、唖然とするほど無意味なことに日々を費やしていることに気づくんじゃないかしら?

何よりも、宇宙人が人間の常識からどのくらいかけ離れているかっていうのを想像すると面白い。

僕らが目で見ている色は、光の波長のほんの1点にしかすぎない。この限られた波長のみで僕らは世界を観察している。もし、宇宙人の目が良すぎたら人間の絵画を観賞することができないんでしょうね。余計な色が見えすぎちゃったりして。

イルカやコウモリと同じように人間には聞き取れない音を聞き取れるとしたら。彼らが人間の音楽を正確に楽しむためには、特定の音域を意図的に消去してあげる必要があるだろう。余計な音が聞こえないように。ただ、彼らにとっては非常に限定された不自然な音に感じられるかもしれない。

もし、温度に対する感覚の鋭い宇宙人がいたら温度を芸術にまで高め、温楽(オンガク)が生まれているのかもしれない。臭覚の鋭い人種であったら臭いの芸術が生まれていたかもしれない。宇宙では、臭いを愉しむためにコンサート会場に赴くのかもしれない。

人間には体感できない世界がある。逆に宇宙人には体感できない感覚もあるだろう。

体の外からくる情報は、人間の体に感知された時点でフィルタリングされ、むしろ大部分を取りこぼしているのだから。

僕らが日々、現実だと思っている感覚って、すっごく限定された体の感覚なんですよね。こういう当たり前の非常識があると思うんですよ。宇宙人がほんとにいたら、科学だけじゃなくって、知覚的な部分にも大きく影響するんじゃないかしら。

この広い宇宙ですから、別に宇宙人くらいいたって可笑しくないと思うんですけどねー。また、矢追純一ブーム来ないかなぁ・・・。
PR

コメント(3) Category:一般/日記 | Date:2007/04/05 01:45


コメント

1. げんごろう [よう、考えてるな~。]
いっつも思うけど、本当にいろいろ考えてるね。

私もそういうことを考えて見たりするんだけど、考えるととっても不思議な気持ちに陥るときがあるんだよね。
高校のときに陥ったのは、地球っていうか、宇宙自体がなにかの生物の身体の中の、ひとつの細胞だったりして・・・。っての。
宇宙っていう細胞がいっぱいいっぱい連なって、ひとつの個体を形成してたりとかだったら、地球なんてちっぽけだなって。
あと、最近は祖母の死ということがあり、死について考えるね~。
私達の記憶ってすごい膨大の量のデータがあるけど、死んでしまったらどこにいくんだろうって。
ディスクみたいなのは無いけど、私達の記憶ってあるのは確かだし、それってだれかが消去したりしてるのかな?
死ぬって事が消去なのかな?
もしかしたら神様がデータを保存してて、神様世界の技術の進歩とともに、人口もデータも増えたのでは・・・。とかね。

だいたい魂って、本当に何処に行くんだろう・・・。
まあ、それは死んでみないとわからないし、いずれ私も体験することだから、その時までの楽しみとしてとっておくとしよう♪

本当に宇宙って広いから、宇宙人っているとおもう。
最近どこぞの国の国防省なみの期間がUFOに関する情報や写真を公表したらしいね。
でもはっきりいって、そんなの一部の一部のちょこっとしたやつやろうな~。
たぶん、某国家ならばすでに宇宙人語の通訳くらいいるんだろうとおもうね。

ってことで、このへんで・・・。
posted by げんごろう at 2007/04/05 12:28 [ コメントを修正する ]
3. kei5 [無題]
矢追さん自体が宇宙人ってのが一番怖いよね。
というよりUFO研究家が全員宇宙人で
そこで意外にも情報統制が行われていて、
ある一定の情報異常は世の中から抹消されてたりしてねww。
posted by kei5 at 2007/04/07 00:54 [ コメントを修正する ]
4. D15 [らりるれろ]
コメントありがとー。

げん>
考え込んじゃうと陥っちゃうことあるねー。「あたりまえ」のことを当たり前じゃなかったらと想像しはじめると楽しいね。考えているというよりは、妄想なのか。。。!?

あ、地球自体がひとつの生物の細胞だったり・・・なんて考えると不思議ねぇ。そう思っていると細胞の構造がだんだん宇宙に見えてきたりして、逆に自分の細胞の中に別の生命体が同じように暮らしてたり・・・なんてね。こういう妄想をもっとつきつめてくと、MIBとか、Matrixみたいなエンターテイメントになるんだろうなぁ。。。

「死」については、いつかブログでも記事にしてみたい。死って「生」をどう見るかによって変わってくるよね。生態系全体の生命の流れと考えれば死なんてなくって、生命はただ生まれ続けている。生を記憶として見ると死は消滅と同義になるのかな?少し怖いものに感じられるかもだねー。

僕は生は体験だと思っています。生命の大海の中で自分は漂っていて。繰り返し繰り返し押し寄せる波をただ味わう。そこには記憶されるデータもないし、ただ全ての体験がそこにある。それを僕らが味わうことを生と呼んでいる。

なんだかんだ言っても、誰かが死んだときに悲しいとか寂しいって感じるのが人情やで。あの名物ばあちゃんが亡くなったのは寂しい。。。一度、会って見たかったよぉ。

kei5>
あぁ、矢追さんが宇宙人だったのか。そいつは、さすがに考えなかった。UFO研究家が全員が宇宙人で、、、。「意外にも情報統制されて」って、むしろUFO研究家全員が宇宙人だって方が意外だけどwww。そこまでくると妄想に妄想が重なり合って、どっからどこまでが真実かわからなっちゃって。。。

「らりるれろ」だと~っ!
「そうか、そういうことだ、たの、か。。」
posted by D15 at 2007/04/09 14:53 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ネット回線共有しま賞! | HOME | お花見>>
忍者ブログ[PR]