忍者ブログ

"カッコイイ"をしようじゃないの


みなさんは何かちょっとした行動を起こすときなにが基準ですか?
先生や上司に怒られるからしない。。。とか
そういう決まりだから。。。とか、いろいろあると思います。

最近、なんとなく日本についての本が集まってきたのだけれど
日本の秩序の保ち方ってちょっと独特なんだって思った。
震災の時もよく言われていたけれど、
世界からみたらなんだか不思議な感覚なのだそうだ。

複雑な世界を秩序だてる第三の方法


ついこないだ、ひょんなことから田坂広志教授の公演を聞く幸運にめぐまれた。
世の中の経済のしくみはものすーーっごい複雑化しているんだって。
もう機械的に制御がきかなくなってる。

これまで、経済は「自由競争」か「規制強化」かという
2極のゆらぎのなかで制御が行われてきました。
ところが、これだけ経済のしくみが複雑化してしまうと
単純に法律みたいな決まったやり方で、規制を強化したりゆるめたりでは
どうにも立ち行かなくなってきた。

確かに、仕組みや問題が複雑になればなるほど
同じ境遇なのに、お決まりの規則で決められた条件下では
Aさんには許されて、どうしてBくんには許されないんだ?
みたいなへんてこな状態がすでにいろんな場所で発生しているきがしますね。。。

そこで、考えられる第三の方法は、「自己規律」だ、というんです。

独特の日本観・・・「恥」


日本には昔から恥ずかしいことはするな、ってよく言われます。
これは、法律が許しても、世間が許さない・・・という世間様の文化から来てます。
法律や決まりごとで管理されるのではなく、
恥ずかしいから。。。っていう自己規律によって成り立っているのが
日本の文化なんだそうだ。

確かに、法律では特に決められてないけど
それって、ちょっと人間的にどうなのよ?ってことはやらないもんなぁ。なんて思った。

これは、「法」っていう絶対的な規律に対して「罰」を与えるという秩序と違い
それぞれの個々人がもっている「恥」っていう自己規律によっている。
社会的な義務ではなく、むしろ美意識によってこれからの秩序は保たれる。

カッコいいからする!


おんなじようなことを司馬遼太郎氏も言っていた。
日本っていうのは仏教や神道の国ですけども
仏教も神道も道徳に関してはほとんどとやかく言わない宗教なんです。
それでも、日本の秩序が保たれていたのはなんでなんだか不思議。。。
「恥ずかしいことはするな」っていう世間様の文化がずっとあたことによるかもしれない。

「カッコいい」「カッコわるい」っていう意識は鎌倉の武士のころからすでにあったんだそうだ。
カッコ悪いから敵に背を向けて逃げない。。。とか
日本の秩序が保たれてきたのは、要するにモラルじゃなくて美意識みたいなもんです。
今までこういう美意識みたいなものだけで、社会の秩序が保たれてきたのは
おそらく日本だけじゃないか。。。とおっしゃっておられた。

犯罪が少ないのは、要は犯罪がカッコ悪いから。。

なんかいいですよね。
シルバーシートだから席を譲るんじゃなくて
席を譲ったほうがかっちょいい!

なんだかしかもこういう感覚って
ちょっと懐かしい感じもしたりする。



PR

コメント(2) Category:一般/日記 | Date:2011/08/05 10:53


コメント

1. noga [http://www.sns.ochatt.jp/modules/topic/topic_view.phtml?id=815416&grpcd=146488&o=&l=20]
日本人に関する '有ること' と '無いこと'。

感性があって、理性がない。
感想を述べるが、理想を語らない。

現実の内容はあるが、考え (非現実) の内容はない。
事実は受け入れるが、真理は受け入れない。

実学 (技術) は盛んであるが、哲学は難しい。
実社会の修復はあるが、理想社会の建設はない。

現実の世界は信頼するが、非現実の世界は信じない。
現実の内容を再現すれば、それは模倣である。
考え (非現実) の内容を実現 (現実化) すれば、それは創造である。
模倣力はあるが、創造力がない。

「今ある姿」を語るが、「あるべき姿」は語らない。
私語・小言は好むが、公言・宣言は好まない。
歌詠みは多いが、哲学者は少ない。

丸暗記・受け売りの勉強はあるが、考える力・生きる力がない。
学歴はあるが、教養はない。
序列判断はあるが、理性判断はできない。

学歴は序列判断の為にあるが、教養は理性判断の為にある。
学歴社会というのは、序列社会の言い換えにすぎない。
序列順位の低いことが恥と考えられている。サムライ社会のようなものか。
理性がなくても「恥を知れ」(Shame on you!) と叱責を受けることのない恥の文化が存在する。

民の声を代弁する議員は多いが、政治哲学はない。
総論 (目的) には賛成するが、各論 (その手段) には反対する。

理想 (非現実) は、現実に合わないと言って受け付けない。
現実の内容を根拠にして、理想を捨てる。
意見は個人個人で異なる。だが、小異を挙げて、大同を捨てる。

恣意 (私意・我儘・身勝手) が有って、意思がない。
恣意の力 (大和魂) に期待をかけるが、意思の力は認めない。
意思決定は困難を極め、多大な時間を浪費する。

「個人の意見は通らない」と言うが、個人を選出する意味が理解できていない。
意思があれば、手段がある。意思がなければ、手段はない。

この国には、何でもあるが、ただ一つ夢 (希望) がない。
この国には、現実はあるが、非現実がない。
日本語には現実構文の内容だけがある。日本語脳は、片輪走行である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

posted by noga URL at 2011/08/05 15:17 [ コメントを修正する ]
2. D15 [無題]
コメントありがとうございます。
nogaさんも、なんだか現実の日本っていう社会にどこか閉塞感を
感じていらっしゃるようですね。。。

僕は日本人が持っているもの、持っていないものを
nogaさんのように明瞭に2分化することはできません。
そこまでの固い意見をもってるわけでもないですしね・・・^^;
歴史っていう時間の横軸でみても、1人の人間の深みという意味で縦軸で見ても
人にはだいぶんと幅があるのではないかと思います。
政治家の中にも、科学者の中にも、歴史の中にもそのような幅をもった
日本人をみつけて僕はたまにほっとしたような幸福を感じたりします。

ただ。。。実際に現実に目を向けた時、非情なビジネスのありかたや
毎晩のようにくら~~いニュースを報道する番組をみたりしていると
nogaさんの、おっしゃるように、どこか日本はネジが一本抜けた片輪走行のような
社会なのじゃないかと、とても不安になることがあります。

それでも、結局は自分がどう生きるか…っていうところに
落ち着いてしまうようなきがします。
自分が楽しい!とか、かっこいい!って思えることを素直に行動に
移せるように精進しないとなーなんて思いながらこの記事を書きました。
posted by D15 at 2011/08/05 19:04 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今日の収穫 | HOME | 天才との付き合い方。>>
忍者ブログ[PR]