忍者ブログ

Elephunk (Black Eyed Peas)

Date:2006/08/10 00:25

Elephunk久しぶりにCDレビューです。Black Eyed Peas ――― めずらしくラップですよ。ラップなんてパラッパラッパー(PS)以来ですよ。って、一緒にするなってファンに怒られそうですが。。。前にTVで流れていた"Where Is The Love"という曲を聴いてから気になっていたアーティストです。こないだ思い出したようにちょーろーに聞いてみたら、CD持ってるっていうじゃないですか。早速借りちゃいました。

聴いてみてあらためて"すごくいい"ですよ。ラップをはじめて音楽として聴いた気がします。声も(ラップに声質なんて関係ないと思ってましたが)、明るくって軽快なんですよね。ほんとパラッパラッパーですよ。(だから比べるなって!?)いや、そのくらい聴いていて楽しいってことね。ラテンかと思えば、ハードロック調の曲があったり、サルサ!?やビッグバンドになってみたり。それでいて妙にラップがそれぞれのテイストに溶け込んできます。耳慣れた曲調だったりするんですけど、やっぱラップなんですよねぇ。…不思議。うーん。音楽として聴いていて楽しい。

そして、やっぱり"Where Is The Love"でしょう。他の曲みたいな面白みは薄いかもしれませんが、強烈なメッセージに乗せて、ラップとメロディアスなボーカルが交互に織り成すとてもわかりやすい1曲。前半はラップがリードします。「世界は病んでいて人々は怒りにわれを忘れている。お互いがお互いを傷つけあって、争いが絶えない。それでも争いの理由すら知らされない。真実を知らずどうして愛が語れるんだ。」とまくし立てる。すると今度は女性ヴォーカルが、対照的にやさしいメロディーで、「いったい愛はどこにいってしまったの?」と問いかける。Where is the love... この神様にすがり祈るようなニュアンスを感じていただけたらと思う。思わずぐっときます。いやぁ、最近年取ってくると涙腺が弱くなってダメですな。
PR

コメント(0) Category:一般/日記 | Date:2006/08/10 00:25

コメント

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<昇仙峡 | HOME | 流星ワゴン(重松清)>>
忍者ブログ[PR]