忍者ブログ

[DVD] THIS IS IT

Date:2011/06/14 21:02

マイケル・ジャクソン最後のステージリハをまとめたミュージックドキュメンタリー
THIS IS IT ずっと観たかったんだ!
僕はちょっとマイケル世代からは外れているんだけど
それでも、これを見た同世代のほとんどが「マイケルはすげー!」と絶賛するのを見て
どんだけ、すごいんだと期待値MAXで見た。



まぁとにかくどんなもんか品定めするように見始めた最初の1分間。。。
もう、のっけからノックアウトですよ。。。目頭が熱くなる。
マイケル登場する前から、もうどっか虜になってるんですよ。

ステージは、リハーサルの内容をドキュメンタリーで追いながら
コンサートで予定されていたプログラムを追っていく。。。
マイケルのダンスも光っていたし、細かで妥協しない音楽にたいするこだわりも
にじみ出ていた。エンターテイナーとして天才的な人だったんだろうな。

でも、次第に映画がすすむにつれ、マイケルのファンでもない僕にとって
この感動がどこから沸き上がってくるのか自分でも不思議でならなかった

中盤のあるシーンでふっと気づいたんです。
あぁ!マイケルを取り囲む出演者達がこの映画のホントの主人公なんだって!

このステージはエンターテイナーを目指すすべての人にとって夢の舞台。
出演者自身が自分の出番以外の時もまるで僕らと同じ観客でもあるかのように楽しんでいる
マイケルと同じ舞台に立てるということだけでなく
そのマイケルとともにあらゆる努力を惜しまず最高の舞台を作り上げる
ここに登場する恐らく全ての人にとって人生で最高に輝いている瞬間の1つなんだ

内向的にみえるギタリストも、苦難を背負ったダンサーも
人生で輝く瞬間はこんなにも美しいもんなんだって思った。
その瞬間を共有することができたとき、本人じゃない僕ら観客にも
その至福の瞬間が伝播するんじゃないかってくらいに熱いものが沸き上がってくる。
人に何かを与えるには、自分がまず最高に満たされているべきなんだって
きっと、この映画に関わった人たちは言いたかったんじゃないかと思う。

それに気づかせてくれるその瞬間が、
まさにこれ(THIS IS IT)なんじゃないかと思った2時間だった。
PR

コメント(0) Category:映画 | Date:2011/06/14 21:02

コメント

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<マルシェ野菜の露店出店 | HOME | ハリー・ポッター シリーズ (J. K. ローリング)>>
忍者ブログ[PR]