忍者ブログ

Macで画面キャプチャ!ツール選びの前に知っておきたいこと

Date:2018/07/07 22:32

パソコンの画面を撮影することを、画面キャプチャ、スクリーンショット、プリントスクリーン(主にWindows)なんて呼んだりします。"キャプチャ" は明示的に画面の "動き" を撮った「動画」と区別する人もいるようです。一般的には画面キャプチャとスクリーンショットは同義で話される事が多いと思います。記事中はツールによって呼び方が違っているので適宜読み替えてください。

さて、Macでパソコンの画面を撮影する方法はとても簡単。僕は用途によってツールを使い分けていますが、いくつか用途別に方法があるので参考にしてみてください。


MacOSの標準機能を使う

Macには標準でスクリーンショットをとる機能が備わっています。手っ取り早くスクリーンショットが撮りたいだけなら、下記のショートカットを試してみよう。ショートカットを打つと、デスクトップに .jpg ファイルが保存されます。

用途ショートカット
① 全画面を撮りたいShift + Ctrl + 3
② 画面の一部のみ指定したいShift + Ctrl + 4
 ↓
カーソルで範囲指定
③ ウィンドウを指定したいShift + Ctrl + 4
 ↓
スペースキー
 ↓
撮りたいウィンドウを選択
①はモニタ全画面をまるごと撮ります。ただ全画面をスクリーンショットで撮る機会って実はあんまりなくって、ほとんどの場合、特定のウィンドウのみを指定して撮るか、部分的に範囲を切り取って撮ることが多いと思います。

②はショートカットキーをたたいた後に、カーソルがでてくるので、必要な範囲をマウスで指定することができます。

③はWindowsで言うところの Alt + PrtScr に近い。特定のウィンドウのみをまるごと撮影してくれます。もちろん範囲指定ができる②でも代用可能なので特に覚える必要はないかも。

余談ですが、③はウィンドウをきれいに影付きで保存してくれます。②で代用すると右図のようにかっちり指定した範囲のみになります。個人的に影付きのスクリーンショットにあんまり必要性を感じたことないけど、、、こういったこだわりはさすがMacといった感じ。



Skitchを導入する


Skitch

画面キャプチャを多様するようなお仕事をしている場合は、ツールを導入することも検討してみましょう。テスト結果のエビデンスを取ったりするときなんかにはこのSkitchっていうツールが非常に重宝している。基本的な機能はMac標準のスクリーンショットと変わらない。

※ Skitchでは、メニューによって画面キャプチャと呼んだりスナップショットと呼んだりイマイチ用語が統一されてませんが、要するに同じ画面撮影のことです。



Mac標準機能との違い…(下記の用途が便利!と感じるならSkitchの導入をおすすめします。逆にそこまでの必要性を感じないのであれば、Mac標準のスクリーンショット機能で充分事足ります。)

1.画面キャプチャ後に簡易編集ができる
例えば、画像に矢印や文字をいれたり、切り取りをしたりなど簡単な画像編集機能がついている。ほんとに簡易編集なのでプレゼン資料やデザインなど凝った編集をするには別のツールで加工が必要になると思ったほうがいい。個人的に重宝しているのは、ぼかし機能。どうしても画面に個人情報入が写り込んでしまうような場合に手早くマスキングするのにとても便利。




2.ファイルをローカル保存する必要がない
ローカル保存というとちょっとわかりにくいかもしれませんが。。。例えばたくさんの画面キャプチャをとって、ブログなどにアップしたいとき。画面キャプチャを撮ってデスクトップに保存して、ブログサイトなどにアップロード、また画面キャプチャを撮って。。。を繰り返しますよね?するとデスクトップが画像ファイルでいっぱいになったりしませんか?

Skitchの場合、下記の画面の赤丸の部分がファイルとして扱えるようになっているので、これをこのままアップロード画面にドラッグしたり、保存したいフォルダにドラッグしたり、することができちゃいます!



Webサイト(ブラウザ)をキャプチャしたい


Full Page Screen Capture

Chrome(ブラウザ)のAdd-onです。これはブラウザのキャプチャを撮ることに特化したツールです。Webページって縦長ですよね。なので、普通の上記の画面をただキャプチャするだけのツールだと、ページ全体を収めるのに苦労した経験はないですか?このツールを使うと、Webページ全体を自動で縦スクロースしてキャプチャしてくれます。

こんな感じで、縦に長ーーーーいページも、一発でキャプチャしてくれます。


使い方は簡単です。上記のリンクからツールをインストールすると、ブラウザの右上にカメラマークのボタンがでてくるので、それをクリックするだけ!



Webページのキャプチャを撮ることが多い人は入れておいて絶対損はないツールです。ブラウザのキャプチャAdd-onにはこれ以外にも、簡易編集機能がついたものだったりいろいろあります。ブラウザキャプチャ上でちょっとした編集も済ませてしまいたい人には、「FireShot」もおすすめ。


画面動作を動画にしたい


LICEcap

番外編として、動画のキャプチャツールも紹介しておきます。マウスの動きだったり実際の画面操作を動画で保存したいときに便利。このツールはGIFアニメで動画保存できるのが最大の特徴。ちょっとした手順の共有など、相手が動画再生ソフトを持っていなくても、再生ができます。ブログなどWebページに表示するときもGif画像としてそのまま貼り付ければOK!



使い方も簡単です。ソフトを立ち上げて画面サイズを決めて、録画ボタンを押すだけ!非常にシンプルです。



PR

コメント(0) Category:Macbook | Date:2018/07/07 22:32

コメント

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ブルーエコノミー(グンター・パウリ) | HOME | (2018/5)ルービックキューブ またまた世界記録更新ついに4.22秒!>>
忍者ブログ[PR]