忍者ブログ

Macでサクっと使えるDiffツール【3選】

Date:2017/11/18 09:05

Diffツールとは、テキストの差分をチェックするツールのこと。記事だったりプログラムのソースコードであったり、2つのテキストファイルの「差分」を色分けして表示してくれるいざという時の救世主のようなツール。

例えば、誰かに修正を頼んだはいいけど、文章のどこがどう修正されたのかわかんなくなっちゃった。。。みたいなときに、これを使うとBefore/Afterでどこに差分があるのかがわかります。

Windowsには、WinMergeっていう神ツールがあるんですが、Macだとなかなかこれに対抗できるいいツールがない。。。ほんとない。


TextWrangler


TextWrangler ダウンロード


これが一番王道なのかなぁ。。。テキストエディタのSearch機能にDiffツールが付属してます。メニューのSearch → Find Differences... から差分チェックできます。使ってみた感じ、極端な差分があると誤動作しましたがなかなかよさそうです。



ちょっと補足したい便利機能。
ここの赤丸の時計マークをクリックすると、現在エディタで開いているファイル(保存前でもOK)を選択できます。ので、オンメモリのテキスト同士の差分を取ることも可能です。




FileMerge

アップル標準の開発ツールの中に含まれているツール。

Xcode ダウンロード

Xcodeをインストールしている人は既に入ってるはず。「FileMerge」でアプリケーションの検索をしてみてください。すると下記のようなアイコンがでてきます。これをDocに追加しておくのをおすすめします。



さすがMac標準。ヌルヌル動く!差分の表記もわかりやすいので、使いやすさだけでいったら、FileMergeですね。




とは言えこの開発ツール5GBもあるので、 ちょこっと使いたいだけならTextWranglerのがお手頃かも。ついでに保存してあるファイル同士の比較しかできないようです。




https://difff.jp/

個人的にはこれが一番いい気もする。。。
Webブラウザで使えるDiffツール。ちゃちゃっと貼り付けて、差分を取るボタンを押すだけ。機密情報とかじゃなければ、こういうサイトを使っちゃうのがいい。パスワード付き公開なんてこともできるので、あなどれない!!ブラウザにブックマークしておけば、いつでも使えます。

さっそく、ブックマーク!
difff.jp








PR

コメント(0) Category:Macbook | Date:2017/11/18 09:05

コメント

コメントを投稿する



Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<MacPassで毎回パスワード変更を促される | HOME | [映画] スター・ウォーズ/フォースの覚醒>>
忍者ブログ[PR]