忍者ブログ

生きるということ

久々にノートを漁ってたら こんなメモを見つけた。 ーーー われわれはひとつ すべてから分離させる作用のなかを巡るのが生きるということ 物と物が分離した副作用で空間が生まれ 体験と体験を分離される副

つづきはこちら

コメント(0) Category:哲うこと | Date:2015/07/06 19:26

愛おしく野蛮な世界

今年は一言で言うと"メンドクサイ"年だった。 自分の身の周りで起こっていることに身を委ねつつ 「幸せ」を感じていられたらいい。 どの思想家も行き着くところは、常に己の幸せを見い出せることが 至高の生き

つづきはこちら

コメント(0) Category:哲うこと | Date:2013/12/31 07:58

2013 アプリ100選

ほんとめっきりブログを書く機会が減ってしまいました。最近は手軽にツイッター、Facebookばかりになってしまい、本腰入れてブログ書こう!ってならなくなっちゃいましたね。来年は何かに打ち込んだように文

つづきはこちら

コメント(0) Category:スマホとタブレット | Date:2013/12/28 11:17

大切にしたい8つの事柄

① 貧困のない社会。貧困は行為や能力の結果でなく社会悪だと誰もが認識し助け合う。 ② 戦争とあらゆる殺戮兵器が姿を消す。多くの天才科学者が人を生かす科学に転向することが人類の宝となる。 ③ 誰もが

つづきはこちら

コメント(2) Category:社会 | Date:2013/07/20 15:10

小さなプライド

心ない役員の無責任な一言にひじょーに頭にきた昨日。。。 それを聞いて更に真剣に親身になってくれる同僚がいて 励まして鼓舞してくれる心の友がいて いつのまにか僕の周りにはどうしてこんなにも 愛が

つづきはこちら

Category:一般/日記 | Date:2013/06/22 01:55

走りだせ井の頭線

酔っ払いのビジネスマンがいて 減るもんじゃねーんだからいいじゃんといいながら妙にベタベタ女性社員にスリよってる 彼女は彼女でやだーとか言いながらも満更でもなさそうに装ってる その隣では仕事の武勇伝を

つづきはこちら

コメント(0) Category:一般/日記 | Date:2013/05/19 10:59

自分の小さな「箱」から脱出する方法(アービンジャー・インスティチュート)

僕はほとんど全てのコミュニケーションはイェスで成り立つのじゃないかと言う理想を持っている。みんな多かれ少なかれ自分の都合に合わせて物事を捻じ曲げて認識している。そういう能力を持ってる。それぞれが真実を

つづきはこちら

コメント(0) Category: | Date:2013/05/19 10:25

子どもの日

昨日のニュースは憲法改定の話題が多かったね。憲法ってさ国の権力が行き過ぎないように、国民が国家に対して命令してるものだよね? 鎖でつながれてる方が、「もうちょっと自由に鎖を外せるようします」って

つづきはこちら

コメント(0) Category:社会 | Date:2013/05/07 21:11

お経をおぼえてみたくなって

突然思い立って般若心経を暗記してみたくなった。 パソコンの仕事をしてると考えることはしても 記憶する脳みそってほとんど使わなくなる。。。 ネットでちょろっと検索すれば大抵の情報はでてくるから。

つづきはこちら

コメント(0) Category:一般/日記 | Date:2013/04/21 08:15

性について考えること

Photo credit: patrikmloeff / Foter.com / CC BY-NC-ND 世のうつろいは性のちからに満ち満ちている 陰陽の哲学と割り切ってもいいけれど 2つの矛盾す

つづきはこちら

コメント(0) Category:哲うこと | Date:2013/03/27 23:04

平和ボケがあたりまえにあること

日本は平和ボケだって批判する人は多い。 それを批判するのはちょっと不自然だと最近思う。 そこには掴み取った平和があったのだろうし 僕らは先人の積み上げてきた平和にあぐらをかいてるのかもしれない。

つづきをよむ

コメント(0) Category:社会 | Date:2013/03/15 20:37

Nexus7 + キーボード

Google IMEのアップデートのおかげで、物理キーボードの使い勝手がだいぶ改善された。Bluetoothキーボード(ポケモンキーボード)をゲットし、ますますNexus7を使う頻度が高くなってきた。

続きを読む >>

Category:スマホとタブレット | Date:2013/03/08 22:11


<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]